子供に合う家庭教師を選ぶ時のポイント

1月 1st, 2013

塾に通っているけれど成績が伸びないとか、時間的な余裕がなくて塾に通えない子供もいるでしょう。マンツーマンで自分のレベルに合わせて学習指導をしてもらえる家庭教師が見直されています。個人の家庭教師から、全国系列の家庭教師派遣サービス、地元に根付いた老舗の家庭教師センターなどがあります。

実際に家庭教師をお願いする時は、どこがいいのか選び方で迷ってしまうかも知れません。初めて家庭教師を利用する時は、何を基準にしたらいいのでしょうか。進学塾とは違って家庭教師は、合格率や進学率を公表しないので選ぶポイントを抑えておいた方がいいでしょう。

一般的に家庭教師は「個人契約」と「仲介料契約」に別れます。まず、学習指導を受ける子供の性格や学習能力を考える必要がありますが、個人契約の家庭教師は、仲介料を支払う必要がないので料金が安くなります。

家庭教師を選ぶ時は、子供の学習レベルに合わせてもらえることが基本になります。基礎学力を向上させたい時は、学校の教科書を中心にカリキュラムを作ってもらう必要があります。週に2回程度の学習指導に加えて適切なフォローをしてもらえる家庭教師がおすすめです。

仲介契約の場合は、相性を判断して先生を変更できる派遣会社が多いようです。契約をする前に途中で先生の変更ができるか確認しておきましょう。無料体験学習のサービスを利用できるなら、試してから決めた方が安心です。