Archive for 9月, 2022

名刺 何を書けばいい?

月曜日, 9月 19th, 2022

名刺に何を書けばいいかお悩みですか?一般的には「名前」「会社名(事業名)」「連絡先」を最優先で記載しつつ、スペースに余裕があればロゴやキャッチコピーなどを載せて更に宣伝力を高めていくのが良いとされていますので、色々な作例なども参考にしながら自分の理想の名刺を作りあげましょう。

名刺に何を書けばいいかという問題は、フリーランスや創業者が直面する最初の悩みの一つですが、やはり最優先して載せるべきは「名前」「会社名」「連絡先」の三つです。まず名前については、その職種や活動内容によって本名かペンネームかが分かれますが、いずれにせよ「読み仮名を振る」などして相手が確実に読めるようにするのが大切です。読み仮名はひらがなだけでなくローマ字でも構いません。会社名は会社員ならばそのまま書けば良く、「フリーランスならば肩書や事業内容を書く」のが良いでしょう。連絡先は住所や電話番号、郵便番号、メールアドレス、SNSのID、ウェブサイトのURLなど様々ありますが、名刺の限られたスペースに全てを掲載するのは難しいので、重要度が低いものは省略する場合もあります。例えば自宅で働くフリーランスでインターネット上での活動が主の場合は、住所や電話番号は省略してメールアドレスやIDなどを優先した方が有益と考えられます。さらに会社員などどこかに所属している身分であれば「所属部署・役職名」なども正確に記載しておきましょう。その人物の組織内の立場や決定権が分かりやすく、また電話対応や訪問対応の際の連絡や取り次ぎなどもスムーズになります。店舗を経営している場合などは、定休日や営業時間も記載しておくのも大切です。ここまでが名刺に載せるべき代表的な情報ですが、スペースに余裕があるなどすれば「ロゴマーク」「企業理念やキャッチコピー」「過去の仕事実績」なども載せる事で宣伝効果が高まります。ただし情報を詰め込み過ぎると相手にマイナスな印象を与える事もあるので、載せるべき情報を選んだり名刺の裏面も使うなどの工夫をしましょう。

名刺印刷・名刺作成の【名刺21】